【新大久保プラス】について

「新大久保プラス」は新大久保の最新トレンド情報を配信する韓国情報まとめサイト・ブログメディアです。変化の激しい新大久保エリアの新しいお店情報もいち早くキャッチできる新大久保専門のまとめサイト。新大久保のガイドとしてもご覧頂けます。新大久保で楽しめるおすすめ「韓国料理」から「韓国コスメ」、「韓国ファッション」まで、「思わず韓国に行きたくなる」コンテンツを発信します。

韓国KPOPアイドルになるには?なるまでの具体的ステップを徹底解説【2022年最新】

韓国kpopアイドル

2022年は大手KPOP事務所の大きな動きもありアイドルデビューするためのステップが複雑化しています。

日本人として「韓国KPOPアイドルになりたいけど何から始めていいかわからない・・」「今からでもまだ間に合うか気になる・・」と思っている人は多いのではないでしょうか。

KPOPアイドルとしてデビューできるのはほんの一握りで近年競争率は上がっています。

この事実を知った上でそれでも本当にKPOPアイドルデビューしたい人向けの内容になります。

これからアイドルを目指して行動を起こしてみたいと思ってる人は最後まで読んでみてください。

  • 韓国KPOPアイドルになる難しさ
  • デビューまでの全体の流れ
  • KPOPアイドルを目指せる年齢
  • アイドルになるために必要な能力
  • 練習生になるためのヒント
  • 日本人のKPOPアイドルとしてデビューするための準備
  • KPOPアイドルになるために今から始めるべきこと

もくじ

KPOPアイドルになる難しさ

KPOPコンサート

KPOPアイドルの活動は華やかなイメージとは真逆の厳しい面も存在します。

困難と向き合ってでもアイドルになりたいと思う人が最終的にアイドルデビューの切符を掴み取ります。

KPOPアイドルになりたい人が急増

第4次KPOPブームにより若い人のあいだでアイドルになりたい人が急激に増えています。

KPOPアイドルになりたいと思っている人の年齢も下がっており小学生から本格的にKPOPジャンルに参入する人数も多いです。

さらに、もともと俳優・女優志望だった人や他のダンスジャンルのダンサーだった人がKPOPへの転向というケースもあり競争率は上がっています。

KPOPアイドルになるまでの悩みや困難

  • 何から始めればいいかわからない・・
  • 親にどうやって説明すればいいかわからない・・
  • 将来の展望がわからない・・

KPOPアイドルデビューを目指す前に、そもそも夢を実現させるために行動すること自体簡単なことではありません。

今、歌やダンスの練習など何かしらのアクションを起こせている人は、その時点でアイドルデビューするための一歩を踏み出せていると自信を持ってもいいでしょう。

そこから他の人ができないステップまで進めるかがアイドルになる上で難しいところです。

自分の努力ではうまく解決できないような困難も待っているでしょう。

家庭の事情や経済面の不安などさまざまな苦難があります。

しかし昔に比べると解決する手段やチャンスは格段と増えてるので簡単に諦めず解決策を自分なりに模索してみましょう。

どのような道を進むにせよ、目の前にある困難を解決する経験はきっと成長する上で避けては通れないステップになるはずです。

日本人がKPOPアイドルになる難しさ

  • 言葉の問題
  • 文化の違い
  • 競争率の激化

今では日本人メンバーと韓国人メンバーの混合グループでデビューすることも珍しくありません。

しかし韓国のグループで活動するとなるとやはり韓国人メンバーの人数が多くなります。

その分日本人メンバーが入れるポジションは少なくなるのが現実です。

韓国の事務所に入れたとしても日本人との練習生同士で助け合いながらも日本人枠を競い合うという点ではライバル関係になることは避けられません。

仲良くしたいけど競い合わなければないらない厳しさや人間関係に耐えうるメンタルも必要になってきます。

KPOPアイドルに向いている人

アイドルに向いている人

KPOPアイドルとしてデビューするには努力でカバーできる部分とそうでないところがあります。

向いている人であれば人と同じ努力をしても違う結果になるのが現実です。

アイドルの基礎が備わっている人

アイドルを目指すなかでどうしてもクリアしておきたいハードルが存在します。

年齢制限

  • Twice「モモ」デビュー当時の年齢は「18歳
  • Twice「サナ」デビュー当時の年齢は「18歳
  • Twice「ミナ」デビュー当時の年齢は「18歳
  • LE SERAFIM「宮脇 咲良」izoneデビュー当時の年齢「20歳
  • LE SERAFIM「中村 一葉」デビュー当時の年齢は「18歳

KPOPアイドルになるためのはっきりとした年齢制限はないですが大手事務所から日本人としてデビューしたメンバーの例を見ると18〜20歳がアイドル正式デビューの一つの区切りになります。

練習生になるための年齢制限は、練習生期間にもよるので一概に言うことは難しいです。しかし仮に3年ほどの練習生期間をおくとすると15〜16歳までが練習生になるための年齢の目安になります。

10年近くの練習生期間を経てデビューする人もいるので若ければ若いほどよいに越した事はありません。

さらに近年ではKPOPブームでアイドルを目指す平均年齢が下がっているので年齢制限はさらに厳しくなることが予想されます。

「01 line」,「02line」とは韓国の年齢表現

「●● line」というオーディションの年齢表現がありますが、これは韓国のKPOPアイドルの「生まれ・世代」を意味するものです。

【●●lineの具体例】

  • 「01line」は「2001年生まれ」の意味
  • 「02line」は「2002年生まれ」の意味

歌唱力

  • 激しい動きをしてもブレない歌声
  • 遠くまで響く声
  • 重低音から高音までの幅がきくトーン
  • 個性的な歌声

歌唱力といっても求められる歌声は人によってさまざま。単純に歌がうまいと言うだけでは語り尽くすのが困難な項目です。

スタイル

  • 背が高い
  • 姿勢がいい
  • スタイルがいい
  • 手足が長い

上記のように典型的に見た目の良さだけではなく内面から醸し出される雰囲気も重要です。事務所によって重視される要素も違うので、単純にスタイルがいいからオーディションに受かるといったこともないです。

表情管理

激しい歌やダンスを披露している間でも表情を崩さずにパフォーマンスするちからは評価されます。

向いているかどうかだけで判断しない人

KPOPアイドルに向いているかどうかをネットで調べて簡単に諦める人はアイドルに向いていないといえるでしょう。

アイドルになるには歌やダンスはもちろん人との繋がりや周囲との協調性など上げ出すと正解はありません。

しかし向いているかどうかだけを鵜呑みにして実際に行動に移せない人はアイドルになることは難しいのは明らかです。

逆に実際にダンスレッスンに通ったり積極的にオーデイションを受けて行動に移せている人は向いているといえます。

毎日練習を習慣化できる人

ダンスや歌の練習を「努力している。」と思ってしまっていると続けるのが困難な瞬間が出てきます。

KPOPのアイドルになる中で練習に行きたいくないときもあるでしょう。

  • 毎日10時間以上の練習・・
  • 上手くいかない時にやる気が出ない・・
  • ケガや疲労の蓄積・・

しかし気分に左右されず自然に決まった時間にルーテインとして必要な練習を習慣化できる人はアイドルに向いているといえます。

まわりから見れば凄まじい努力をしているように見えても、練習をしている本人にとっては習慣なので苦痛だと思うことが少なくなるのです。

体力のある人

KPOPアイドルは番組出演やレコーディングと過密なスケジュールで動いていきます。

さらに必要なスタイルを維持するなどの自己管理も求められます。

いつも元気な姿をファンに見せることができる体力のある人はアイドルになれる素質があるでしょう。

KPOPアイドルデビューに向けた基本ステップ

KPOPアイドルになるには大きく4つのステップに分かれます。

  1. アイドルに必要な基礎力強化
  2. 芸能事務所の練習生オーディションに合格
  3. 練習生として実力向上
  4. 事務所からKPOPアイドルデビュー

KPOPアイドルを目指すための基礎力強化

KPOPアイドルでデビューするには、まず芸能事務所に所属するための練習生募集オーディションに合格する必要があります。

韓国芸能事務所の練習生になるのは狭き門で、大手事務所ともなるとかなりの実力がないと通ることは難しいでしょう。

歌やダンスの練習はもちろん韓国語学習といった勉強も必要になります。

それに加えて最近では学校生活がしっかり送れているかも重要なポイントになります。

「人やまわりを大切にできているか。」といった性格面もデビュー後に注目される要素です。

芸能事務所の練習生募集オーディションに合格

KPOPオーディション

芸能事務所が開催するオーディションに合格し練習生になる事が最初の関門です。

今では中小規模から大手までさまざまなKPOPの芸能事務所がオーディションを開催しています。

ダンス・歌未経験の募集から経験者向けの非公開オーディションまで難易度はさまざま。

ダンススクールと合同で非公開のオーディションも定期開催されたりします。

スクールに所属している場合は学校経由でオーディションに申し込むのもいいでしょう。

ネット上で公開オーディションも掲載されているので自分でしっかりチェックしておく事が大事です。

以下の記事では韓国の芸能事務所が開催しているオーディション最新情報をまとめてあります。

大手から中小規模のものまでまとめてあるので、目標を設定するためにも気になるオーディション情報をチェックしてください。

KPOPオーディション応募先一覧はこちら▶

練習生として訓練

オーディションに合格後は事務所に所属する練習生としてダンスや歌、さらにエンターテインメント性をつけるための本格的な訓練が始まります。

同じ事務所の練習生が共同生活をしてデビューに向けて組織力も強化。

支え合いながら時にはライバルとなり限られたポジションを目指して日々の練習をこなしていきます。

アイドルとしての能力は音楽面だけではなくテレビに出演した際の受け答えや観客をいかにして楽しませるかといったコミュニケーション能力も伸ばす必要があります。

定期的に生き残りをかけた月末評価を行い、将来性があるか判断されます。

KPOPアイドルとしてデビュー後もしっかり活動していけるか継続的にジャッジされ最終的に残ったメンバーがデビューとなります。

KPOPアイドルデビュー

長い練習生期間を経て最後まで事務所に在籍できたメンバーがKPOPアイドルとしてデビューします。

基本的には事務所がメンバー構成を決定。

一方で、事務所によっては主力メンバーに自主性に任せるところもあります。

中心人物が他のメンバーを候補を選ぶかたちでグループ構成を固める決め方も多くみられます。

KPOPアイドルの練習生になるためにすべきこと

韓国KPOPアイドルのライブ

アイドルになるための最初の難関であるオーディション。

オーディション合格に向けて準備できることとして以下が挙げられます。

  • 歌やダンスのスキル向上
  • 韓国語の練習
  • 韓国留学
  • KPOP学科のある中学・高校への進学

KPOPアイドル練習生のリアルを描いたドキュメンタリー「KPOP Evolution」がYouTubeOriginalsで視聴できます。

練習生を目指す人は事前にコンテンツをチェックしておきましょう。

  • 日々の過酷なトレーニングレッスン
  • デビューまでの一連の流れが丸わかり
  • アイドルの共同生活
  • 宿舎施設の様子

歌とダンスの本格練習

まずは独学でも歌やダンスを練習しアイドルの基礎がためをします。

歌やダンスそれぞれにおいて、自分の得意なジャンルを見つけることも大切です。

KPOPのみならずアイドルユニットには個人の役回り・個性が求められます。

事務所が構想するユニットにふさわしいメンバーを選抜し一つ一つピースを埋めていくイメージです。

特徴がない人はどのポジションを与えるべきか判断できないので選ばれる確率は低くなります。

語学を学ぶ

韓国の事務所からデビューするKPOPユニットは多国籍のメンバー構成であることが多いです。

これはKPOPがグローバル戦略に基づいてユニット構想をしており、各国のファンを獲得するためにはその国のメンバーが所属している方が親近感が湧くからです。

韓国語

メンバーをはじめ事務所の人や関係者とコミュニケーションを取るにあたり現地韓国語の習得は必須と言えるでしょう。

英語

韓国人メンバーとの会話や英語圏のファンとのコミュニケーションを考えた場合、少なくとも英語の習得は必須になります。

読み書き英語よりもスピーキングや英語の発音を優先的に磨くのがいいでしょう。

KPOPには英語のフレーズが多く挿入されており日本人のカタコト英語発音では韓国へのファンにはもちろん、全世界の人々の耳には聞こえづらい音になってしまう恐れがあります。

語学の堪能さも大切ですが、そもそも海外に対してグローバル志向であるかも評価される素養です。

韓国に海外留学する

韓国に留学し現地のダンススクールや環境を肌で感じて見るのもいいでしょう。

日本国内でグルーバルオーディションを受けてデビューを目指す方法もあります。

しかし、実際に韓国に留学して横のつながりを持っておくのでは日本で得られるチャンスよりも圧倒的に得られる機会の数が違うはずです。

KPOP専門の養成プラグラムを受ける【中学・高校・専門学校】

KPOPジャンルに特化したカリキュラムを用意しているダンススクールや学校が増えています。

  • KPOPダンスレッスン
  • ボイスレッスン
  • 韓国語レッスン
  • 韓国の中学校編入
  • 一般教養課程(高校)

早いと小学校〜中学から本格的にレッスン活動やオーディション経験を積んでいく人材がいます。

高校からKPOPアイドルを目指すのは遅いと思うかもしれませんが、BLACK PINKのRose (ロゼ)は16歳でYGのオーディションを受けKPOPのキャリアをはじめました。

前例があるので高校生からでもKPOPアイドルになれる確率はゼロでなはないです。

コリア国際学園 (KIS) 中部学・高等部 【KPOP・エンターテインメントコース】

大阪の茨城市にある中学1年〜高校3年の6年間で韓国語から一般教養、さらにKPOPまで学べる学校法人・インターナショナルスクール「コリア国際学園 (KIS)」。

以下のような思いを持っている方にはおすすめの学校です。

  • 親にどう相談したらいいかわからない。
  • 韓国に留学するのは不安
  • 韓国の芸能事務所と繋がれる教育機関
  • しっかり勉強も頑張りたい。(数学・社会・国語・韓国語・英語)
  • 自分の得意を伸ばしたい(KPOPラップ・音楽制作)

KPOPを学ぶにあたり親に相談するのが難しいというケースが少なくありません。

親心としてはKPOPだけに熱中して他の選択肢を考えないのは不安になります。

義務教育をしっかり受けて、もしアイドルの道が難しくなった場合でも進路変更できる事をアピールできれば保護者を納得させられる内容になるでしょう。

KPOPアイドルになれる人はほんの一握りなので別の進路を考えておくのは逃げではありません。

コリア国際学園 (KIS)なら義務教育もしっかり学べる学校なので親も安心して子供の応援ができます。

実際にYG entertainmentよりボーイズグループでデビューした実績もあるので、しっかりとした教育体制が整っているコースになります。

東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校 (TSM)  高校課程

卒業後の「デビュー・契約・芸能活動の就職実績割合が64%」と全体の半数以上を占めている芸能に特化した専門学校「東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校 (TSM) 」。

動画内では学内の活動内容や生徒の圧倒的なパフォーマンスが流れています。

ダンスの動きなどをみると全体のスキルはかなりハイレベル。

全体の平均レベルが高いからこそ、まわりの生徒も自然とダンスや歌のスキルが上達する様子がわかります。

切磋琢磨できる環境を求めるのであれば一度オープンキャンパスに行ってみるのもいいかもしれません。

公開オーディション情報が少ない「Kakao Entertainment」と合同オーディションを開催しています。

芸能事務所との関係性は強く今後KPOPの舞台で活躍したい人にといっては大きく窓口が広がっている学校になるといえます。

KPOPアイドルの練習生オーディションに参加する方法

実際にKPOPアイドルとしてデビューするには芸能事務所に所属し、練習生として一定の期間に歌やダンスの訓練を積みさらに高いレベルの技術を習得していきます。

KPOPの練習生といえば韓国の事務所というイメージが強いですが、現在では日本国内でもKPOPに特化した芸能事務所が設立されています。

KPOP芸能事務所に所属し練習生になる方法は次の3通り。

具体的な手順についてみていきましょう。

  1. KPOPオーディションに合格
  2. 芸能事務所からのスカウト
  3. 友人・知人からの代理応募

自分でKPOPオーディションに申し込む

KPOPアイドルになる最初のステップとしてオーディションを受けてみましょう

本当に行きたい芸能事務所に行ける可能性は高くはありません。

第一志望の芸能事務所に合格できなかったとして、他の芸能事務所に所属することで後に第一志望の事務所からオファーを受け移籍できる可能性もあります。

一つの事務所にこだわらず自分にあった事務所に所属することが第一関門です。

オーディションの頻度は芸能事務所にばらつきがあります。

毎日募集をかけているところもあれば、毎週、毎月の間隔で開催しているところもあります。

また公式HP上やTwitter、LINE、その他SNS上での募集窓口がバラバラで気づかない間に申し込みできていなかったという事が多発しています。

以下の記事に韓国の芸能事務所と申し込みフォームを一覧でまとめてありますので申し込み忘れがないようにチェックしてみてください。

KPOPオーディション応募先一覧はこちら▶

アイドル事務所からのスカウト

大手事務所からのアイドルスカウトはグローバルオーディションが盛んになった今でも頻繁におこなわれている活動です。

ダンススクールに所属していたり、たまたま出かけ先でスカウトマンに声をかけられたりときっかけは様々。

ショッピングやお出かけをしている時に芸能事務所からスカウトされることもあります。

好きなKPOPアイドルのコンサートにいった際にスカウトされたというケースも過去にはありました。

スカウトされとからといってデビューが約束されているわけではなく、他の候補者と同じくオーディションを受けて実力を試されます。

少なくとも雰囲気や外見の評価は印象に残ったという証でもあるので歌とダンスの実力を磨けば練習生になれる可能性は高いです。

こればかりは運の要素が多いので、スカウトで声をかけられるのを待つよりかは自分の足でアピールする方がアイドルになれる確率が高いでしょう。

知人・友人からの代理応募

KPOPアイドルや日本の芸能人でも友人・知人が知らない間に勝手に応募してそのまま事務所に受かったなどの驚きストーリーがあります。

またHYBEのオーディションにも知り合いからの紹介フォームも設置されているほどです。

自分以外の人が「この人はアイドルになるべき!」と強い推薦があれば他の人も同じように思っている事が多いと思います。

あくまで知人・友人の推薦なので自分からお願いして応募するのはやめておきましょう。


KPOPアイドルの練習生期間

芸能事務所の練習生として合格した後にデビューできるのは一握り。練習生として歌やダンスに磨きをかけ実力と個性を兼ね備えた練習生のみがアイドルデビューできます。

練習生期間の生活費

各事務所にもよりますが基本的には食費・宿泊費用(共同寮)は事務所が負担してくれます。

一般的にキッチンからトイレから寝室まで共同スペースになります。

1日の練習量

練習生期間の1日の練習量は10時間以上になります。自主練習も含めると13〜14時間になり起きている間はずっと練習漬けのスケジュールです。

月末評価

毎月の月末評価をクリアし事務所に在籍し続ける必要があります。

十分な評価を得られなかった場合は事務所を強制退所しなくてはいけません。

他の事務所に移籍

なかには他の芸能事務所に移籍する人も出てくるでしょう。

正式デビューに向けて事務所と契約

アイドルデビュー

正式デビューが事務所内で決まると具体的な内容について契約を交わします。

契約期間や給与などについてしっかり確認し極端に不利な内容になっていないか確認しましょう。

-オーディション対策